アニメソング(アニソン)の歴史を紐解いてみよう!

アニソンの歴史について細かく紐解いていこうかと思います。

水木一郎

 アニメソングバンドと言えばJAM ProjectやReyの名前が上がるかと思いますが、アニメソング歌手と言えばやはり水木 一郎を抜きにしては語れないかと思います。彼は日本の男性歌手、作詞家、作曲家、声優、俳優で、イエローバードに所属しております。アニメソング界の帝王と呼ばれており、またアニキ(ANIKI)の愛称でも親しまれ、自分の持ち歌を「ANIKING」ヴァージョンとして再録音することもあります。硬派なアニメソングを歌唱するだけでなく、ももいろクローバーZなどとコラボをしているなどといった幅の広い活動が魅力の一つだとされています。

アニソン聴くなら

名古屋市昭和区のはりねずみ治療院です。鍼灸、マッサージ、在宅リハビリマッサージ、美容鍼灸をお考えならぜひご相談下さい。鍼灸 名古屋で治療するなら当院におまかせを!お気軽にお電話ください。

生い立ち

 実家がレコード店を経営していたため音楽環境には恵まれ、幼少期からジャズなどを聴いていました。特にアメリカの音楽には強い影響を受けていたといいます。だが本人は当初「どうせ日本人なんだから落語でもやるか」ということで落語家を目指し、学生時代には「落語会」を開いていました。

 ACB会館(当時新宿区歌舞伎町に存在した総合娯楽遊興施設。1960年代半ば〜1970年代初頭の人気絶頂期にはジャズ喫茶のニューACBやゴーゴークラブなどを備えていた)で催されたコンクールでの優勝が本格デビューのきっかけとなりました。

 その後、作曲家和田香苗の門下生となり、1968年に歌謡歌手として『君にささげる僕の歌』でレコードデビューするものの、売り上げが芳しくなかったことやマネージャーとの不仲も災いして一時歌手を退く。『徹子の部屋』に最初の出演をした際語ったところによると、同じレコード会社(日本コロムビア)の先輩歌手で万城目正門下(『万城目正歌謡音楽院』出身)の九条万里子と結婚することになったため、新人の水木が身を引いたといいます。その後、生活のためナイトクラブやキャバレーで歌い始める。

初期の活動

1971年、堀江美都子の担当だった日本コロムビア・木村ディレクターの勧めでアニメ『原始少年リュウ』のオープニングテーマ『原始少年リュウが行く』を歌唱。以降、活動の中心をアニメソングへと移していく。水木は「最初の歌がつまらない歌だったら、以後アニメソングを歌うつもりはなかった」と述懐しています。

 1970年代以降は、『超人バロム・1』『変身忍者 嵐』『アストロガンガー』『マジンガーZ』(1972年)、『バビル2世』『ロボット刑事』(1973年)、『仮面ライダーX』『グレートマジンガー』『がんばれ!!ロボコン』(1974年)、『仮面ライダーストロンガー』『宇宙の騎士テッカマン』『鋼鉄ジーグ』『アクマイザー3』(1975年)、『超電磁ロボ コン・バトラーV』(1976年)など、アニメ・特撮作品の主題歌・挿入歌を数多く歌い、アニメソング歌手としての評価を確立。

1970年代から1980年代にかけて、男性アニメシンガーとしてアニメや実写を問わず、ささきいさお(佐々木功)や子門真人・堀江美都子らと共に、ほとんどの主題歌・挿入歌を歌っていたといっても良いほどに人気が高かった(ただしささき・子門・堀江・水木の内、唯一水木のみミリオンセラーは出していない)。

アニメソング歌手に転向してからの最初の4年間で、約150曲の子供向け番組のテーマ曲を発表し、そのレコード売上は平均約10万枚、累計約600万枚に達しました。1973年発売の『マジンガーZ』の主題歌レコードは70万枚の大ヒット。1978年発売の『宇宙海賊キャプテンハーロック』主題歌レコードは当時アニメソングとしては驚異的な初回プレス15万枚。同曲では、アニメソングとしては異例の68人のシンフォニー編成をバックに吹き込んだ。これらの逸話から、「アニメソングの女王」こと堀江美都子と並び「アニメソングの帝王」と呼ばれるようになる。

アニメソングの帝王として

 当時、アニメだけでなく、自身の歌手としての原点でもあるアメリカンポップスも披露しました。後にそれを知った平尾昌晃からラジオ番組に呼ばれ、オールディーズを歌ったこともあります。また、アニメ関係の仕事とは違うものの、1976年4月〜1979年3月にはNHKの子供番組『おかあさんといっしょ』でうたのおにいさん(2代目)を務めたこともあります。

 1982年、自らが吹き込んだ主題歌レコードのトータルセールスが700万枚以上という記録を樹立し、『ギネスブック』に掲載されました。1983年1月、前年リリースの「ロマンティックアゲイン」(コミック『エロイカより愛をこめて』イメージソング)でコロムビア「ゴールデンディスク賞」「ゴールデンLPテープ賞」を受賞。

 1986年4月〜1987年3月放送の特撮ヒーロー番組『時空戦士スピルバン』の主題歌を歌うとともに、主人公の父親「ベン博士」役で本編に出演。小堺一機、関根勤のラジオ番組『コサキン無理矢理100%』を発端として「雄叫び」系アニメソングが注目を浴び、初のベストアルバム『OTAKEBI参上! 吠える男 水木一郎ベスト』を1989年6月にリリース。「雄叫び」ブームはさらに広まることとなり1990年5月には『水木一郎OTAKEBI2』をリリース、このアルバムでは懐かしのアニメ・特撮主題歌だけでなく、新曲ですアニソン17曲メドレー「懐かしくってヒーロー〜I'll Never Forget You!〜」を収録、同年11月にはシングルカットもされています。

アニメタルとしての活動

アニメタルなどによって、1960年代後半から1980年代を中心とした往年のアニメソング(アニソン)が再注目され始めたことも追い風となり、1990年代に入ってから(正確な表現ではないものの)「21世紀にかつてのアニソンを歌い継ぐ」といったスローガンのもと、中核となって、堀江美都子、影山ヒロノブ、ささきいさおなどと共に、コンサートを開催し続け、かつてのロボットアニメやSFアニメの主題歌を中心に歌っています。

 さらなる飛躍のために1997年3月末日をもって日本コロムビアとの専属契約を解き、フリーとなりました。まだ、フリー宣言後初のアルバム『スーパーロボット大戦ボーカルコレクション』(ファーストスマイルエンタテインメント)がオリコン23位を記録。同年8月には、アニメソングを21世紀に残すべく、水木を筆頭に日本のアニメソング界を担ってきたシンガーたちが赤坂BLITZに集結。一大ムーブメントを巻き起こした「スーパーロボット魂」ライブの幕開けとなったのです。以後、進化し続ける同ライブを牽引、アニメジェネレーションにおけるカリスマ的存在感を示しています。

 1998年4月、文化放送のラジオ番組『ラジオ・スーパーロボット魂』放送開始。パーソナリティを務める。翌年、歌手生活30周年記念のベスト盤CD『兄尊』をリリース。タイトルは、「アニメソング」の略称「アニソン」と水木の愛称「アニキ(兄貴)」をかけたもの。同年3月18日放送のアニソン番組『快進撃TVうたえモン』では『人造人間キカイダー』が紹介された際にキカイダーの主題歌ではなく『ハカイダー』のテーマが流れ、紹介と同時に水木本人がハカイダーのテーマを熱唱しました。

おすすめの音楽

驚きの歌唱力と多忙

 同年8月30日から31日にかけて、『うたえモン』の企画として山梨県の河口湖ステラシアターにおいて「24時間1000曲ライブ」を敢行。終盤の生放送での変わらぬ声の響きに「本当に24時間歌い続けたのか」という電話が番組あてに殺到するという逸話を生んだ。  しかし、その3日後の9月3日〜9月4日に出演するはずだったイベント『松本零士〜幻想軌道1999〜』で「キャプテンハーロック」を歌う予定だったが、ライブで声が枯れてしまったということで生出演出来ずに映像のみ出演という形になったことからこの24時間ライブがとても過酷だった事が窺えます。

 2000年7月17日に影山ヒロノブ・遠藤正明・さかもとえいぞう・松本梨香と共に、アニソンユニット・JAM Projectを結成。2002年8月からは、自身の多忙なスケジュールにより参加が難しくなったことから「非常勤」を宣言しています。

海外からの評価

 2001年2月2日には「香港キャラクターショーケース2001」にてライブを実施。香港のファンからも絶大な「アニキコール」を受け、会場が一体となって日本語で大合唱する光景を目の当たりにする。ファッション誌、芸能誌などジャンルを問わず多くの媒体で記事が組まれ、現地での関心の深さを知ることとなりました。

最近の活動

 最近は歌手活動を続ける一方で、水木一郎のヴォーカルスクールを主催し、後進の育成にも力を注いでいます。卒業生として貴日ワタリをはじめとする「ザ☆カインズ」メンバー、平山佳代子をはじめとする「アップルパイ」メンバー、「海賊戦隊ゴーカイジャー」主題歌の松原剛志、菊池志穂、小西寛子などがいるそうです。

アニメソング(アニソン)の歴史を紐解いてみよう!