アニメソング(アニソン)の歴史を紐解いてみよう!

アニソンの歴史について細かく紐解いていこうかと思います。

前山田健一

 ニコニコ動画にて、有名になったアーティストとして、前山田 健一は今非常に売れているアーティストの一人だといえるかもしれません。彼は前述したSNSサービスにてヒャダインという名義で活動を行い、非常に人気の高いクリエイターとして評価されておりまsす。その後も、様々なアーティストに楽曲提供を行ったり、はたまた、アニメソングのオープニング・エンディングを歌唱するなどと、非常に活動の場所を次第に広げて行っておりました。他にもももいろクローバーZの楽曲プロデュースなどもおこなっていました。今も作詞家、作曲家、編曲家、歌手やタレントとして活動の幅を更に広げています。現在はテレビのクイズ番組などでよく見かけます。

アニソン聴くなら

相談無料! 株式会社・設立・起業なら東京Smileは合同会社・株式会社の設立のプロ集団です。 設立にあたり不安なこと、心配なこと、何でもご相談ください。 また、法人化のサポートも行っておりますのでぜひご相談ください。

略歴

 父親は沖縄県石垣島出身のカメラマン。3歳の頃からピアノを始め、中学の頃にはシンセサイザーで打ち込みを始めました。大阪星光学院高等学校から京都大学総合人間学部に進学し、京都アカペラサークルCrazy Clefでアカペラを始めました。卒業後、作詞家松井五郎への弟子入りを経て、2007年より事務所に所属し本格的に音楽活動を開始するが、鳴かず飛ばずの状態だったといいます。

 この頃にニコニコ動画に出会い、投稿された動画に刺激を受け、ヒャダインの名前で投稿を始めました。ゲームのBGMをアレンジし自作の詞で歌った曲を投稿し、これがニコニコ動画で反響を呼ぶ形となり、日本国内のみならず世界からも人気を得るようになりました。こうした反響が本人にとって自信となり、これが転機となってSUPALOVEに移籍、以後J-POPやアイドルソング、アニメソングなどをはじめとする幅広いジャンルの楽曲を手がけるようになり、二度にわたるオリコンシングルチャート1位など、ヒット曲を生み出すまでに至ります。

 当初、「ヒャダイン」としてはプロフィールを公開しておらず、その素性は謎とされていましたが、2010年5月5日のヒャダイン名義でのブログにて「前山田 健一」個人だと告白しました。プロだということを告白した後もヒャダインとしてのニコニコ動画での活動は続けており、その一方で正体を明かしたことにより前山田健一としての顔出し出演も増えました。

 2011年4月、テレビアニメ『日常』のオープニングテーマ『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』にて、歌手としてヒャダイン名義でもメジャーデビューを果たす。同作では前山田名義にて作詞・作曲・編曲も担当した。レーベルはランティス。

2011年7月26日、自身のTwitterアカウントにてスターダストプロモーション芸能3部と業務提携を結んだことを発表しました。

2011年8月27日、さいたまスーパーアリーナにおけるAnimelo Summer Live2011に出演。2万7千人の前でパフォーマンスをこなした。

2012年4月30日、自身のTwitterアカウントにて2012年5月からファイブエイスに移籍することを発表しました。スターダストプロモーション芸能3部との業務提携は継続。

雑誌「GQ」主催により2012年11月19日発表された「GQ Men of the Year 2012」を受賞。2012年大活躍した男性として織田裕二・村田諒太・北島康介・有吉弘行らに並んで選出されました。

2013年1月28日付オリコンシングルウィークリーチャートにおいて自作曲がTOP10内に3曲ランクインするという快挙を成し遂げた(3位 私立恵比寿中学「梅」、9位 ゆず「REASON」(共作)、10位 でんぱ組.inc「W.W.D」)。

2014年3月1日、フジテレビの『めちゃ²イケてるッ!』の第14回「抜き打ちテスト」に出演し、東大出身の菊川怜に次ぐ2位という結果となった。

2014年12月27日から公開される能年玲奈主演映画海月姫の劇中音楽を担当することが発表されました。

 2012年には野宮真貴のデビュー30周年記念アルバムにプロデューサーとして参加しています。この時担当した『ベイビィ・ポータブル・ロック』は前山田が最もプロデュースしたかった曲で、レコーディングの際には自分がアレンジした曲を歌っている野宮の姿を見て涙を流しました。30周年特別サイト内のお祝いコメントでも涙ぐみながら感謝の言葉を述べています。

おすすめの音楽

愛犬を毎日キレイにしてあげたい、そう思われる気持ちはよく理解できます。 しかしながら犬用シャンプー 頻度は1週間に1回のペースで良いんです。 そんな時に使用する、愛犬の毛並みと皮膚を守る犬用シャンプーなら弊社にお任せ!

音楽性について

 自身の音楽性に関して、ピチカート・ファイヴなどのいわゆる「渋谷系」と呼ばれる音楽から多大な影響を受けたと語っています。 また、TKサウンドに衝撃を受け小室哲哉が開発に関わっていたEOS B700を購入。これが最初に買ったシンセサイザーです。後に、2013年12月4日にはiTunes限定で、小室哲哉との共作で当機のシンセサイザーのみで作曲・編曲された小室哲哉 VS ヒャダインの「22世紀への架け橋」が配信されました。

自身がモーニング娘。等のハロー!プロジェクトのアイドルのファンだったことから、そのプロデューサーですつんく♂や、AKB48のプロデューサーです秋元康からも影響を受けているとインタビューで述べています。

ヒャダインとしての活動の原点になっているゲーム音楽からも多大な影響を受けていて、特に「ロマンシング サ・ガ」等を手掛けた伊藤賢治の作品に最も影響を受けたと語っています。

 『情熱大陸』で語られたことによると、ももいろクローバーZに関しては単に楽曲を提供するだけでなく、合間を縫って彼女たちの学校の勉強を教えるなどし、戦友とも言える存在だという。また、ヒャダル子のパートは、本人が元歌を歌っている姿を見られるのが恥ずかしいとのことで、取材カメラを回すことも断りました。

その他の活動

 卓越したアレンジセンスと異常なほどの発表ペースなど、リスナーから高い評価を受けているヒャダインですが、今現在もネット上での活動を続けています。その動画の一部は英語字幕を付けた形で、他の動画サイトに輸出され、海外などでも高い評価を収めています。テレビでの活動が本格化し、一時的に不定期になりつつあるネット上での活動ですが、今後も引き続き、色々な事にチャレンジし、様々な場所で自分の音を表現して行って欲しいと切に思いました。

アニメソング(アニソン)の歴史を紐解いてみよう!